果物きらいだもん

管理栄養士が綴る!偏食な我が子の成長と歳の差きょうだいの日常~ときどきレシピや節約術~

はじめまして。今後ともどうぞよろしくお願いしますのご挨拶

はじめまして。みとさとと申します♪

このブログを目にしていただいて、

本当にありがとうございます♥️

 

自己紹介

 

まずは、私について自己紹介させてください。

どんな感じの人が書いているのかわかったほうが良いかと思いまして。

 

一言でいうと、ナマケモノかな?

 

でもそんな一言では、よくわからないと思いますので、

ちょっとした経歴を書いていこうと思います。

 

え~まず、病院の委託栄養士として3年間勤務。

病院の栄養士1年。

国家試験に2回落ちたものの3回目で管理栄養士の資格を取得。

結婚後、女児出産。この子があまりにも偏食で悩みます。

現在、6年ぶりに妊娠出産予定です。

 

 

 このブログは、この偏食の娘の事を主に書いていきます。

タイトル「果物きらいだもん」とは、娘のことです。

 

果物を食べてくれない子供って、なかなか珍しいのかなと思ったので、

このタイトルにしました。

 

娘のことを、「さーのすけ」とこのブログでは呼ぶことにします。

なぜならば、ある日突然自分から「これからはさーのすけって呼んでね!!」

と言ってきたからです。

 

意味わかりませんよね~

 

いろんな呼び名で呼ばされるし、

「さーのすけ」って呼んでも、次の日には「違うよ、○○だよ」

と違う名前を言ってくるので、ついていけません(;'∀')

 

さて、娘さーのすけは、
ほとんどの果物を口にしません。


みかん1房が限界…( ´Д`)
1個じゃないですよ、一房ですよ!!!

 

しかもその一房の皮をむかなきゃ食べないという

なんとも面倒なやつなんです。


それから、果物の味がするあめ、グミ、ガム、アイス、ジュースも
一切口にしません!

 

子どもが大好きなやつじゃん・・・

 

なぜそうなってしまったのかは、よくわかりません。

だってまず口に入れようともしないんですから。

 

その他にもたくさんの食べられないものがあります。

 

最近やっと肉を食べられるようになったり、
魚もちょっとだけ食べられるようになったけれど、


2歳位まで、ひじきご飯ごま塩ごはんパンうどん
生き延びてきました!!

偏食の子どももつママが一度くらい言われる
「ママの料理がまずいから食べないんじゃない?」

これは、けっこう傷つきますよね~

 

言われたのは私だけかしら。


でもちがう!
そうじゃない!

 

いや私の場合そうかもしれないけれど、

その他のママさんたちは絶対違う!!

毎日頑張ってる!!

だいたい口にも入れてくれないんだから
まずいもおいしいもあったもんじゃない。
味の問題じゃないんですよね。

精神的なもの、肉体的なもの、隠れたアレルギー、
体が必要としていない、発達障害など
原因はさまざまなんですよね。

 

単純な問題ではないと思うんです。

責められても、解決するものでもないです。

 


成長とともに食べられるものもだんだん増えていきます。
子どもの成長」
これが一番の解決法かもしれない。

この子の食べられないものが少しずつ減っていったら、いいな。

もっと色んなものを食べてすくすく成長してほしいな。

書くことによって、何か気づくことがあるかな。

 


そんな想いで、このブログを書くことに
しました。

 

あとは、けっこうおもしろい子なので、そのおもしろエピソードや

これから久しぶりに始まる出産・育児についてですとか、

節約とかポイ活とかについて書いていきます。

 

これからも、どうぞお付き合いください。

よろしくお願いします(^^)