果物きらいだもん

管理栄養士が綴る!偏食な我が子の成長と歳の差きょうだいの日常~ときどきレシピや節約術~

父と母の正体

幼稚園の女児ってプリキュア大好きですよね。
娘も好きなフリしてました。

本当はあんまり好きじゃなくて、テレビも一応つけて見るけど、あきらかに見てなかったです。

みんな好きっていってるから、たぶん好きっていう熱量。

「別にみんなと同じものを好きじゃなくてもいいんだよ?」って言っても、

「好きだもん」と言い張る…

プリキュアの曲は好きみたいなので、車の中でかけていました。

そんなことは、忘れ、もう小学一年生になり、プリキュアを完全に見なくなった頃。

車で久しぶりにプリキュアの曲がかかりました。
私は曲を口ずさみました。

そしたら
「おかーさん、なんでプリキュアの曲知ってるの?」と聞いてきたので、

ちょっと試しに
「ん?おかーさん昔プリキュアだったからさ~」
と言ってみました。


「え?うそ?ほんとー?」
ぷっ。まだまだ純粋だな。


が、


「ぜーったい嘘だよね!嘘ついたら、地獄に行くんだよ!」とやはり信じていませんでした。


ってそりゃそうか!!



その後しつこくなんでやめたのか、プリキュア活動時の名前などを聞かれましたが、終始疑いのまなざしをむけられていました。

鋭いやつめ。


ちなみにキュアチョコレートとして活動していたが、18歳の時に後輩に譲る形でやめたことになっています。(超てきとー)


それをおとーさんにも話す娘。
この娘に内緒話はできません。


夫「は?じゃあ、変身してみて」
とか言い、「絶対ウソだよね!」と娘。


夫「ところで、おとーさんハリー・ポッターだったんだよ」

娘「え?ほんと?すごーい」
そっちはすぐ信じるんかーい!!!

なぜだ、そんなのウソに決まっているじゃないか!!

顔か?昔似てると言われたことがあったらしい。

私「じゃあ、魔法使って」

夫「学校を卒業したら使えない」

は?学校卒業したら魔法使えなかったら、魔法学校行く意味ないじゃん。
せっかく魔法学校行ったら、使いまくりますよね、普通。車じゃなくてほうきで色んな所に行きますよね。やつは、移動手段、車です。

なのに、それは「そっかー」と信じる娘。

なんか悔しい。

以上です笑