果物きらいだもん

果物嫌いで偏食な姉と何でも食べすぎる弟のでこぼこな日常〜時々子ばなし〜

食べない理由がわからない時は、食器を変えてみよう!

私の中で、食器といえば
「白」でした。



清潔感も統一感もあって
白であればどんな料理も映える!
とばかり思っていました。




けれどある日ふと、
家の食器棚の中のお皿は
《白ばかりでつまらないなぁ》
と思いました。



春のパン祭りで頂いたお皿や
100円均一のお皿。

親からもらったお皿。

九谷焼のお皿もあるけど、それも白。



食器を変えたら
偏食なうちの子も食べてくれるんじゃないかな?
と思ったのです。



子どものオモチャや持ち物を
モノトーンで統一すると
色彩感覚が育たないらしいです。



それは食器にも言えることですよね…



キャラクターのお皿にしとけばいいでしょ、
子どもだし(-_-)


と、深く考えずに出していたけど、
それはちょっと違うんじゃないかな?と。



1つ1つの料理に合うお皿は違うのに
何も考えてなかった…



母として反省です。
もう1つ反省しなければいけないこと。




スープもみそ汁も
汁物は全部お碗で出してしまっていたことです。



その結果、
さーのすけは
スープのことも「みそ汁」と呼ぶように
なってしまっていたのです!



大問題です!
汁物=みそ汁



お吸い物を飲んでも
「みそ汁美味しいね」と言ってくるのです。

それ、みそ汁じゃないのよ(。´Д⊂)


私が家の食事と給食調理を
同じ感覚で出していたせいだと思います。
元委託会社の栄養士なものですから。




給食は、いつも同じお皿ですからね。



しかーし!!!




調理と料理は違うんです。
全くの別物なんです。



調理は、誰が食べても美味しい味だけど、
不特定多数に向けて作っているものです。



料理は、時々失敗しちゃうこともあるけれど、
家族のため、恋人のため、
大切な誰かのために作っているものなのです。

だから
一緒にしてはいけなかったのです。




娘の偏食は、
色々な理由があるのだろうけれど、


その色々の中に「食器のつまらなさ」
があるのだとしたら
取り除いてあげるべきだと思いました。



いきなり○○焼きなどの高いお皿を
買うということではなくて、
とにかく
「色」を変えてみようと思います。

春なので、
桜色のお皿もいいですね(^^)


↓は、同じ卵焼きです。

f:id:kudamonolove:20210306091839j:plain


f:id:kudamonolove:20210306091926j:plain

白と黒どちらでも
美味しそうじゃ~ん笑

黒のお皿に大根おろしを付けたら
お店っぽさが出そうですね。


これからも
《カラフル食器改革》を
どんどんやっていきます!!


ちょっと白食器の断捨離しなきゃ
いけないですね。