果物きらいだもん

果物嫌いで偏食な姉と何でも食べすぎる弟のでこぼこな日常〜時々子ばなし〜

学校給食に牛乳がつく理由

娘さーのすけ、小学一年生。

給食が始まりました。

わ~(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

 

給食って本当にありがたい。

栄養価を考えて作られているから、

安全、安心。 

今まで弁当作りには、悩まされました。

何せあのミニトマトさんを食べてくれません🍅

あれさえ入れときゃ弁当って、何とかなるでしょ?

それが出来ない辛さ…

あぁ、良かった。

 

 

で、何で給食に牛乳🐮が付いてるのかって話。

お茶の方が合うのにね~

なんなら水でいいのにね~

それでも、何十年もずっと牛乳が付くのは、

たぶん…

カルシウムの値が高いからですっ!!!

 

え?知ってた?

 

いや、そうじゃなくて!!

 

こんなにカルシウム爆上げしてくれる食品は、

他にないんです。

栄養士的に、とっても楽♥️

魚料理で、魚ごとのカルシウム計算するよりも

ずっと便利。

 

牛乳付けたら、カルシウムの必要な栄養価は

クリア出来るのです。

 

 

けど、牛乳にはリンもたくさん含まれています。

リンは、カルシウムの吸収を助ける

マグネシウムなどの栄養素を阻害します。

吸収されないんじゃあ、

意味がない~

 

あと鉄含有量も少ないので、

飲み過ぎると

牛乳貧血=鉄欠乏性貧血になる

ということです。

 

でも、美味しいのも事実。

給食に出てくるのも事実。

そして、酪農家さんたちを応援もしたい!

 

なので

牛乳さんとは、

上手にお付き合いしましょう(^^)

 

1日400ml以下なら、大丈夫みたいですよ。