果物きらいだもん

管理栄養士が綴る!偏食な我が子の成長と歳の差きょうだいの日常~ときどきレシピや節約術~

感覚過敏と偏食の関係があるのだろうか?!

 

感覚過敏というのは、

口や鼻や耳や目が、普通の人より敏感なことです。

この感覚過敏というのがあると

偏食になりやすいようです。

 

誰にでも苦手な食べ物の匂いはあります。

 

鼻が敏感だともっともっと大変。

 

口が敏感だと、ちょっとしたのでも

チクチク感じちゃうんです。

 

目が敏感だとその食べ物が違うものに

見えたりするんです。

 

耳で感じるシャキシャキという音に背筋が凍るんです。

 

それは、とても不便な日常ではありませんか?

 

偏食の子がただのワガママだと決めつけるのは

じつは酷なことなのです。

 

あと発達障害があると

はじめてやることが苦手だったりします。

 

食べ物も一緒!!

はじめての食べ物は、

理由もなく苦手。口に入れたくない。

 

絶対嫌!!

 

だから、何回も「見せる」のが大事です。

 

うちの子は、ラーメンが好きなので

ラーメンにかならず野菜を入れていたら、

ある日もやし大好き💛とか言い出しました笑

 

見せてもなかなか食べないんですけど、

そこは根比べですね(^-^;

 

だけどっ!!

 

味覚が敏感なので、

大人になったら将来有名なシェフになる可能性も秘めていますよ(*´∇`*)

 

耳が敏感なら、

有名な歌手や音楽家になる可能性も秘めています。

 

悪いことばかりじゃないので、

悲観せずにあたたかく見守っていきましょう!!